スタンプアート教室

グリーティングカード

花うちわ
  • エンボス加工
クリックで拡大
使用するもの
クリックで拡大
スタンプ パッド・パウダー・ペンなど
花うちわ 5色ボンボン(SP5-21)
和文字暑中たて 2色古都(TC2-12)/クリアパウダー(EP-03)
ミニうずまき ベイビーブルー(SPM-136)
つるあさがお 2色古都(TC2-12)
その他 アイロン/キッチンペーパー(濡れたものと乾いたもの数枚ずつ)
作り方
クリックで拡大

■写真1

クリックで拡大

■写真2

クリックで拡大

■写真3

クリックで拡大

■写真4

  • ハガキの下に汚れても良い紙を敷きます。暑中たてのスタンプに古都を軽く何度も叩くようにしてつけ、スタンプを押し紙に押します。(インクのつけ過ぎに注意)(写真1)

    スタンプがパッドよりも大きい場合はスタンプを裏向けに置き、パッドを持って上から叩くようにインクをつけましょう。

  • インクが乾かないうちに全体にクリアパウダーをかけます。絵柄以外についたパウダーは指で軽くはじいて落とします。(パウダーはタッパーに入れると使いやすいです)(写真2)

    エンボス加工の方法はこちらをチェック→

  • アイロンを立てて中温(120℃ぐらい)に温めます。スタンプを押した紙の裏側をぴったりつけます。(火傷には十分注意して下さい
  • パウダーが溶けて色が変わったらOK。
  • 花うちわのスタンプにボンボンを軽く何度も叩くようにしてインクをつけ、スタンプを紙に押します。(写真3)

    色を変えて押したい時は、濡れたキッチンペーパーやスポンジの上でインクを落とし、よく水気を拭き取ってから次の色をつけましょう。

    5色ボンボンをうまく使って色鮮やかに仕上げましょう。

  • ミニうずまきのスタンプにベイビーブルーを、つるあさがおのスタンプに古都をつけ、順に押していけば完成です。(写真4)
  • スタンプにきれいに色をつけるコツはパッドを何度も軽く叩くようにするとまんべんなくインクがつきます。(詳しくはこちら→)
  • スタンプをハガキからはみ出して押した場合、ハガキを動かすと裏面にインクがつく事があるので気を付けましょう。

※HP上のデザインはあくまで参考作品です。実際の色合いや仕上がりイメージが異なる場合があります、あらかじめご了承下さい。
※一部の商品につきましては、取扱いのない店舗もございます。